• HOME
  • 求人媒体で、求職者に選んでもらうには

【企業向け】求人媒体で、求職者に選んでもらうには

求人媒体で、求職者に選んでもらうには

求人誌や求人サイトなどの、求人媒体に同じように出稿しても、問い合わせの多い企業と全くに近いほど応募がない企業があります。

違いは何なんでしょうか?

当然、職種や仕事内容、企業の規模などがありますが、実はそれだけではないのです。

同じような会社規模の企業や、同業種の企業の中でも求人応募者は、かなりバラついているのが現実です。
その違いは、どこにあるのでしょうか?
それは、求人を出す企業の伝える力です。

Aさんは、「年収は200万でもいいが、土・日・祭日が休めて残業がほとんどない会社がいい。」と思っていたとしても、Bさんは、「将来独立するために自分のスキルを実践の中で磨きたい。」と考えていて、Cさんは、「会社の中でスポーツサークルがあるなど福利厚生が充実しているのいい」と思っています。
さらに福利厚生でも、前記のCさんのようなソフト的なものを望む人がいれば、会社所有のペンションが使えたりなどのハード的なものを望む人もいます。
このように、それぞれの求職者によって価値観は異なります。

しかしながら、それぞれが異なった価値観を持つ求職者に対し全員にアピールすることは、どうしてもスペースや文字数の関係で非現実的です。
そこで、自分の会社が他社に引けを取らないところ、他社より秀でているところをピックアップして、具体例を交えながらアピールすることが重要です。
特に、求人サイトは求人誌と比較して、アピールできるスペース(文字数など)に余裕があります。
これを充分に活用できるかが大きな差になります。

最近では、求人誌で求人内容を見た人もインターネットで詳細を探します。
そして、より多くの情報を得ようとします。
そこで、自社のアピールを効果的にすることが極めて重要になります。

各サイトの規定範囲内で、写真などなるべく多く情報を掲載して視覚的に訴えながら、読んだ人がワクワクする文章を心がけながら原稿を作りましょう。

当サイトについて
求人掲載のお問い合わせ
運営会社
個人情報保護方針
サイトへのお問い合わせ