• HOME
  • ビジネスの現場での敬語の使い方

ビジネスの現場での敬語の使い方

ビジネスの現場での敬語の使い方

求職活動をしていると、面接や問い合わせ、確認等で、求人の応募をした会社の担当者と話す機会も多くなります。
その場合に、気を付けなければならないのが、「話し方」です。

基本的には、敬語でお話しすることになるのですが、本当に正しい敬語を使うと、まどろっこしいイメージにつながったり、受け取り手が正しく理解しない場合もあります。
いくら正しい敬語を使おうとも、それが相手に伝わらなければ、逆効果です。

では、どのような敬語がOKで、どのような敬語がNGなんでしょう?

その前に敬語の構成要素を簡単にお話しします。
基本的に敬語は、尊敬語、謙譲語、丁寧語から成り立ちます。

尊敬語は、相手を敬う使い方となります。
例えば、来ることを「いらっしゃる」、見ることを「ご覧になる」などがそうです。

丁寧語は、言葉を丁寧にした敬語です。
来ることを「来られた」、見ることを「見られた」など、皆さんが普段使い慣れた敬語になります。

謙譲語は、自らが遜った使い方の言葉です。
自分が遜ることにより、相手方への敬意を表す言葉です。
行くことを「参ります」見ることを「拝見する」等ですが、謙譲語は自らが遜る言葉なので、相手の所作には使いません。
自分が行うことにのみ、使用します。

本来は、上記のように敬語を使用しますが、一般ビジネスにおいて、正しい敬語は必要ありません。
仮に正しくなくとも、分かりやすい敬語で話すことが重要になります。

具体的には、謙譲語の利用をなるべく抑え丁寧語を多用します。
聞きなれない難しい尊敬語を無理して使う必要もありません。

要するに聞く人に対して、丁寧に気を使って話していることが伝わることが重要なのです。
頑張って敬語を覚えても、面接官や問い合わせ対応などをして下さる方に、正しい敬語の知識がないと全くの無意味に終わるのです。

重要なことは、「丁寧な言葉で話す。

皆さんも、実践してみてください。

当サイトについて
求人掲載のお問い合わせ
運営会社
個人情報保護方針
サイトへのお問い合わせ